×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目次に戻る


「政府声明」

(八月十五日 午前一時十分発表)

---

 帝国夙に東亜永遠の平和を冀念し、日支両国の親善提携に力を效せること久しきに及べり。然るに南京政府は排日抗日を以て国論昂揚と政権強化の具に供し、自国国力の過信と帝国の実力軽視の風潮と相俟ち、更に赤化勢力と苟合(こうがふ)して反日侮日愈々甚しく以て帝国に敵対せんとするの気運を醸成せり。近年幾度か惹起せる不祥事件何れも之に因由せざるなし。今次事変の発端も亦此の如き気勢が其の爆発点を偶々永定河畔に選びたるに過ぎず、通州に於ける神人共に許さざる残虐事件の因由亦茲に発す。更に中南支に於ては支那側の挑戦的行動に起因し帝国臣民の生命財産既に危殆に瀕し、我が居留民は多年営々として建設せる安住の地を涙を呑んで遂に一時撤退するの已むなきに至れり。

 顧みれば事変発生以来屡々声明したる如く、帝国は隠忍に隠忍を重ね事件の不拡大を方針とし、努めて平和的且局地的に処理せんことを企図し、平津地方に於ける支那軍屡次の挑戦及不法行為に対しても、我が支那駐屯軍は交通線の確保及我が居留民保護の為真に已むを得ざる自衛行動に出でたるに過ぎず。而も帝国政府は夙に南京政府に対して挑戦的言動の即時停止と現地解決を妨害せざる様注意を喚起したるにも拘らず、南京政府は我が勧告を聴かざるのみならず、却て益々我方に対し戦備を整へ、厳存の軍事協定を破りて顧みることなく、軍を北上せしめて我が支那駐屯軍を脅威し、又漢口上海其の他に於ては兵を集めて愈々挑戦的態度を露骨にし、上海に於ては遂に我に向つて砲火を開き帝国軍艦に対して爆撃を加ふるに至れり。

 此の如く支那側が帝国を軽侮し不法暴虐至らざるなく全支に亘る我が居留民の生命財産危殆に陥るに及んでは、帝国としては最早隠忍其の限度に達し、支那軍の暴戻を膺懲し以て南京政府の反省を促す為今や断乎たる措置をとるの已むなきに至れり。

 此の如きは東洋平和を念願し日支の共存共栄を翹望する帝国として衷心より遺憾とする所なり。然れども帝国の庶幾する所は日支の提携に在り。之が為支那に於ける排外抗日運動を根絶し今次事変の如き不祥事発生の根因を芟除すると共に日満支三国間の融和提携の実を挙げんとするの外他意なく、固より毫末も領土的意図を有するものにあらず。又支那国民をして抗日に踊らしめつゝある南京政府及国民党の覚醒を促さんとするも、無辜の一般大衆に対しては何等敵意を有するものにあらず且列国権益の尊重には最善の努力を惜まざるべきは言を俟たざる所なり。

 

「暴支膺懲

 日中戦争初期のスローガン「暴戻支那膺懲」「断乎膺懲」の出所となった昭和12(1937)年の政府の声明。盧溝橋事件(7月7日勃発)を受けての発表だった。


目次に戻る