×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

目次に戻る


「帝国政府声明」

(昭和十三年一月十六日)

---

 帝国政府ハ南京攻略後尚ホ支那国民政府ノ反省ニ最後ノ機会ヲ与フルタメ今日ニ及ヘリ然ルニ国民政府ハ帝国ノ真意ヲ解セス漫リニ抗戦ヲ策シ内民人塗炭ノ苦ミヲ察セス外東亜全局ノ和平ヲ顧ミル所ナシ仍テ帝国政府ハ爾後国民政府ヲ対手トセス帝国ト真ニ提携スルニ足ル新興支那政権ノ成立発展ヲ期待シ是ト両国国交ヲ調整シテ更生新支那ノ建設ニ協力セントス元ヨリ元ヨリ帝国カ支那ノ領土及主権並ニ在支列国ノ権益ヲ尊重スル方針ニハ毫モカハル所ナシ

 今ヤ東亜和平ニ対スル帝国ノ責任愈々重シ

 政府ハ国民カ此ノ重大ナル任務遂行ノタメ一層ノ発奮ヲ冀望シテ止マス

 

爾後国民政府ヲ対手トセス

 昭和13(1938)年、近衛文麿内閣が発表した帝国政府声明。第一次近衛声明ともいわれる。「爾後国民政府ヲ対手トセス」の部分が有名である。これによって日本は蒋介石政権との和平交渉の道を失い、日中戦争は泥沼化していった。


目次に戻る